花の慶次過去のシリーズ

初代を踏襲して人気を博した花の慶次~斬

2007年に登場しマックスタイプの一大ムーブメントを巻き起こした初代花の慶次~雲のかなたに。
2年後の2009年に2作目として登場した花の慶次~斬も自分は大好きだった。

ところで、「大ヒットしたパチンコ機の2作目はヒットしづらい」というジンクスがパチンコにはあるのではないだろうか。

例えば牙狼。
当時珍しい1種2種混合機として登場した初代牙狼はその爆発力でパチンコファンの心をわしづかみにした。
では2作目はどうだったか。2作目の牙狼~RED REQUIEM~を覚えている人は少ないだろう(苦笑)。

2作目の牙狼は通常時に潜伏確変がループするスペックだった。
この潜伏確変ループがパチンコファンに受け入れられなかった。

さらにはウルトラセブン。
初代の人気は言うまでもない。
そして2018年に登場したウルトラセブン2の惨状は記憶に新しい。

そういったジンクスがありながらも、花の慶次斬の稼働は長く続いたと記憶している。
その要因として個人的に思うのは、初代のスペックや演出を踏襲したことだ。

パチンコファンは好きな過去の機種に対して思い出を引きずっている。
まるで昔の恋人のことのように(笑)。

「あんなことあったな」「こんなことあったな」
そんな思い出をずっと引きずっているのだ。

だからこそ、前作と違う点があると「これは俺が好きな○○じゃない!」と落胆するのだ。

花の慶次斬は初代同様、大当たり確率約399分の1、確変突入率80%のバトルタイプ。確変中の真戦モードは城門突破演出を踏襲した。

初めて花の慶次斬を打った時、安心したのをよく覚えている。
これは確かに慶次だと。

おそらく、慶次ファンみんながそう思ったのではないかと思う。だからこそ、稼働が続いたのだろう。

前作を踏襲するという決断はメーカーも悩んだと想像する。
変化がなさ過ぎると「進化してない」と言われるから。
そのような中で慶次ファンを納得させたメーカーには大きな拍手を送りたい!

良かったらポチっと投票お願いします♪



パチンコ・パチスロランキング

関連記事

  1. 花の慶次シリーズの好きな演出と嫌いな演出を考えてみた
  2. 花の慶次シリーズ 真田幸村を大事に扱ってくれ~
  3. 初代を継承しオリジナル演出も楽しめる花の慶次Xが面白い!
  4. 初代・花の慶次はランクアップボーナスの見せ方が上手かった!
  5. 花の慶次の甘デジってどのシリーズも楽しいよね
  6. マックスバトルタイプの先駆けとなった花の慶次シリーズ
  7. 初代・花の慶次は擬似連演出が最高だった!
  8. 真・花の慶次2の甘デジ版は設定付きで!

おすすめ記事

2機種の慶次蓮で当たりをゲット!結果はいかに!?後編

一度諦めたライトミドル慶次蓮に再び着席。そして座ってすぐ、入賞時白フラッシュ&傾奇ゾーン、赤台詞&赤…

2機種の慶次蓮で当たりをゲット!結果はいかに!?前編

今日は予定の合間に慶次! 2時間半と時間に限りがあるので1パチ。ライトミドル慶次蓮が1パチで導入…

爆発力は健在!よしきさんの黒慶次実戦動画

スロパチステーション、よしきさんの慶次漆黒実戦動画です。この実戦同様、朝イチ早い段階…

開かずの襖??「一夢庵チャレンジ」信頼度の違い

この日打った「花の慶次 漆黒」大当たり無し、200回と少し回っていた台だった。打ってみると割…

紅白柄台詞出現!懐かしの初代真・花の慶次実戦

懐かしの名機、初代真・花の慶次のホール実戦動画です。設置台数が少ないので打てるのが羨…

ライトミドル慶次蓮を初打ち!ショージキに感想を言うぞ!

マイホにも花の慶次蓮199ver.が導入された。どこも1台~2台の少数導入なのかな。…

PR

amazonの花慶グッズのページに行くよ~!




PAGE TOP