花の慶次過去のシリーズ

初代を踏襲して人気を博した花の慶次~斬

2007年に登場しマックスタイプの一大ムーブメントを巻き起こした初代花の慶次~雲のかなたに。
2年後の2009年に2作目として登場した花の慶次~斬も自分は大好きだった。

ところで、「大ヒットしたパチンコ機の2作目はヒットしづらい」というジンクスがパチンコにはあるのではないだろうか。

例えば牙狼。
当時珍しい1種2種混合機として登場した初代牙狼はその爆発力でパチンコファンの心をわしづかみにした。
では2作目はどうだったか。2作目の牙狼~RED REQUIEM~を覚えている人は少ないだろう(苦笑)。

2作目の牙狼は通常時に潜伏確変がループするスペックだった。
この潜伏確変ループがパチンコファンに受け入れられなかった。

さらにはウルトラセブン。
初代の人気は言うまでもない。
そして2018年に登場したウルトラセブン2の惨状は記憶に新しい。

そういったジンクスがありながらも、花の慶次斬の稼働は長く続いたと記憶している。
その要因として個人的に思うのは、初代のスペックや演出を踏襲したことだ。

パチンコファンは好きな過去の機種に対して思い出を引きずっている。
まるで昔の恋人のことのように(笑)。

「あんなことあったな」「こんなことあったな」
そんな思い出をずっと引きずっているのだ。

だからこそ、前作と違う点があると「これは俺が好きな○○じゃない!」と落胆するのだ。

花の慶次斬は初代同様、大当たり確率約399分の1、確変突入率80%のバトルタイプ。確変中の真戦モードは城門突破演出を踏襲した。

初めて花の慶次斬を打った時、安心したのをよく覚えている。
これは確かに慶次だと。

おそらく、慶次ファンみんながそう思ったのではないかと思う。だからこそ、稼働が続いたのだろう。

前作を踏襲するという決断はメーカーも悩んだと想像する。
変化がなさ過ぎると「進化してない」と言われるから。
そのような中で慶次ファンを納得させたメーカーには大きな拍手を送りたい!

良かったらポチっと投票お願いします♪



パチンコ・パチスロランキング

関連記事

  1. 初代花の慶次 キセル演出回想記
  2. パチンコビギナーだった自分と初代花の慶次
  3. 花の慶次の甘デジってどのシリーズも楽しいよね
  4. 花の慶次ファンの信頼を取り戻した真・花の慶次
  5. マックスバトルタイプの先駆けとなった花の慶次シリーズ
  6. 花の慶次シリーズ 真田幸村を大事に扱ってくれ~
  7. 初代を継承しオリジナル演出も楽しめる花の慶次Xが面白い!
  8. 花の慶次シリーズの金台詞演出が好きだ~!

おすすめ記事

めぞん一刻でちょい勝ちしたけど、でもやっぱり慶次漆黒が最高だ

少し体調を崩したため久しぶりのパチンコ。まずはリハビリがてらにライトミドルの大海物語4を打つもノ…

次の保留が色つきだと期待する?

連続演出や「もののふXZONE」の煽りなど、保留先読みがあり次の保留が色つきだとちょっと期待してしま…

日直島田さん&ヒラヤマンさんの和気あいあい黒慶次実戦

さよなら漆黒で大暴れしました【CR真・花の慶次2 漆黒の衝撃】【日直島田とヒラヤマン#2前半】#日直…

慶次漆黒の新スペックが登場!?注目のスペックは!?

なんとなんと、真・花の慶次2漆黒の衝撃の新スペックが登場するぞ!これには驚いた!だって真・花の慶…

ごみくずニートさんの黒慶次実戦。連チャンすれば演出も楽しい!!

【花の慶次漆黒の衝撃】そろそろ打ちたいのでさらば諭吉【このごみ1341養分】"ごみくずニ…

漆黒慶次では松風モード推し

漆黒には「加賀モード」「京都モード」「松風モード」とあるけれど自分は断然「松風モード」推し。なか…

PR

amazonの花慶グッズのページに行くよ~!




PAGE TOP