花の慶次待望の新作は「花の慶次 蓮」!PV公開中

花慶の日2019大阪会場にて、ついに待望の新作についての発表がされました。
タイトルは「花の慶次 蓮(レン)」!原作の「佐渡攻めの章」が舞台となるようです。

佐渡攻めの章をおさらい。
http://hananokeiji.jp/html/yomu/nenpyo2.html

四百年もの間、本間一族に支配されていた地、佐渡。しかしその内情は一族間での内乱が絶えず、越後藩からの調停も聞き入れられない状態だった。業を煮やした上杉景勝は、長き争乱を終わらすべく千三百隻の船を率いて佐渡に向う。景勝に同行した兼続を追い、慶次も佐渡へと上陸。その活躍の場を戦乱で渦巻く孤島へと移すこととなった。

佐渡についた慶次は、囚人置き場に足を運び、河原田城への出陣を提案。囚われの身の者や年老いた百姓を集めた即席の軍を率い、上杉の本陣へと進んだ。上杉陣営の一部の者は、素人同然の軍を出兵させることに反対するも、甲冑を身につけた彼らの凛とした姿と、命をかけて戦場へと向かう彼らの心意気に景勝は感動し、慶次たちを送り出した。

夜明けまで数時間。八千の兵で固められた河原田城に対して、百姓などを集めた百二十の軍で出陣。慶次を筆頭に、心優しき大男、蛮頭大虎や慶次より朱槍を与えられた坂田雪之丞が見せた一気駆けは、本作でも屈指の名シーンとして語り継がれている。彼らの活躍により河原田城は陥落。上杉家は無事に佐渡を平定する次第となった……。

(上記サイトより引用)

2016年11月導入の「CR花の慶次X-雲のかなたに-」以降、約3年振りの完全新作で、
新筐体も導入とのこと。

PVも公開されていました。

以下、忙しい人のための花の慶次・蓮!
(PVのキャプチャだよ)

なんとなくつやつやした漆黒の闇に、メーカーさんのロゴ

シルエットで見えるような見えないような、これが新筐体!
花慶の日のイベントで青山りょうさんや立川かしめさんが語った情報によると、新筐体は
・最近縦に大きい台はたくさんあるが(牙狼など)、新しい慶次は立体的に大きくて迫力がある
・奥行きがあって打ち手に迫ってくるような筐体になっている
とのこと。
シルエットもそんな感じですね。

朱槍が飛んできて…

朱槍についた慶次の家紋がくるくるまわってかっこいい!

再び新筐体のシルエット。
目を細めると…・・み、見えた!(笑)

決意を秘めた表情でお酒をあおる慶次

次の舞台は「佐渡攻めの章」!

これは僕らですね。慶次!慶次!

完全新作の文字が激・嬉しい!

はすじゃないよ、れんだよ

目まぐるしく動くカット。カッコイイということしかわからない!

キセル~~~~~!!!

こんな演出が

熱く

熱く

繰り広げられるんだろうな~!

ですよ!

新タイトルが出て…

そりゃ期待しますとも!

最後にメーカーさんからのメッセージ。
安く遊べるのはいいんだけど、当たるとなおよし。

続報待ってます!!!

ピックアップ記事

PR

PAGE TOP