俺の慶次【パチンコ花の慶次ファンサイト

当サイトはメーカー・ホールとは一切関係のない、パチンコ花の慶次ファン有志サイトです。必勝法とかないけど、温かく見守ってください。




襖演出の色の重要度を検証してみた



真・花の慶次2漆黒の衝撃において、テンパイ後の襖演出の色はさほど重要ではないのではないかと仮説を立てた。
そしてそれを検証したぞ!
以下は実戦で確認出来た大当たり時の演出だ。

○大当たり演出その1

紫炎保留(リーチ中に赤保留に昇格)+慶次金の台詞+骨字読み演出からスペシャルカットイン演出+好機テキスト+SP!テキスト+くノ一無情リーチ+慶次フラッシュ赤+赤カットイン
→テンパイ後赤襖

○大当たり演出その2
戦狂ゾーン+一刀両断擬似連+赤保留+金台詞+猛将の慟哭リーチ(赤タイトル)+慶次フラッシュ赤+青カットイン
→テンパイ後赤襖

○大当たり演出その3

涙桜ゾーン+スペシャルカットイン演出+キセル演出+赤保留+拳の熱さリーチ+赤カットイン
→テンパイ後赤襖

○大当たり演出その4
骨字読み演出準備中+ノーマルリーチハズレから大詰開幕演出+捨てえぬ夢リーチ(赤タイトル)+赤カットイン
→襖演出なし

4回のみのサンプルではあるが、なんと一度も金襖は出現しなかった。
ハズレ演出としても出現なしだった。

また、残念ながら白襖からの大当たりは確認出来なかった。
これを見ると、赤襖でも十分に大当たりの期待が持てることがわかる。

大当たり演出その4のように、そもそも襖演出が発生しないパターンもある。
赤襖で当たり、襖演出が発生せずに当たるパターンもあるのだ。

そんな演出バランスが「金襖じゃないと当たらない」とは感じさせないということなのだろう。
これは良い演出バランスだと思う。だって、白襖、赤襖でも当たるかも知れないとドキドキ出来るのだから。

今後も襖演出に注目して実戦していきたい!

良かったらポチっと投票お願いします♪



パチンコ・パチスロランキング


PR : amazonの花慶グッズへ★

PR:広告コーナー

人気の記事

慶次トーク

情報収集の新着記事