俺の慶次【パチンコ花の慶次ファンサイト

当サイトはメーカー・ホールとは一切関係のない、パチンコ花の慶次ファン有志サイトです。必勝法とかないけど、温かく見守ってください。




かつて40箱以上積んでいた自分が思う、今のパチンコの良いところ!



若い頃は、ほぼ毎日のようにパチンコ店に通っていた。
昔のパチンコ台のスペックは、今以上に爆発力を秘めていたので、とても楽しかった。
「CR花満開」「ギンギラパラダイス」「黄門ちゃま」など、楽しい台ばかりだった。
2回ループ+時短という、今では考えられない高スペックなところが魅力だった。
(ギンパラは、2回ループじゃなかったかも)

そんな高スペックなパチンコ台の中で一番稼がせてもらったのが、「大工の源さん」だった。
今では考えられないかもしれないが、最高で34連チャンしたことがある。
そして初めて40箱以上積み上げることができたのも「大工の源さん」だった。

そのかわり当時のパチンコ台は、ハイリスクハイリターンな台ばかりだったので、損失額も凄かった。
若気の至りでは済まされないような金額を負けた日もあった。

そして時代の流れとともに、祝日など暇な時に行くこともあるが、ほぼ土日オンリーに落ち着いてしまった。

15年以上前の話だが、毎月のようにどこかしらの地区で新しいパチンコ店がオープンしているような時代があった。
そして昔のグランドオープンイベントは、ほぼ全ての台が高確率で爆出ししていた。
なので有給を使って仕事を休み、パチンコ仲間といろんな街に遠征して稼ぎまくることができた。

そんな古き良き時代のパチンコを懐かしんでばかりもいられない。
「CR真・花の慶次2 漆黒の衝撃」のような現行機も、まだまだ捨てたものではないのだから。

迫力満点の思考を凝らしたリーチアクションなど進化した部分も大いにあるのだから。
それに個人的には「CR真・花の慶次2 漆黒の衝撃」ぐらいのスペックが丁度良いと考えている。

なぜかというと、昔のパチンコのスペックだと簡単に10箱~20箱を積み上げることができたが、10万円以上大ハマリすることもザラだったので、現行機の方が、いろんな意味でバランスがとれていると思う。

身の丈にあったパチンコライフを楽しむためにも「CR真・花の慶次2 漆黒の衝撃」とじっくり向き合いたいと思う。
そんなことを考えながら、今日も朝からパチンコ店に向かっている。

続く

良かったらポチっと投票お願いします♪



パチンコ・パチスロランキング


PR : amazonの花慶グッズへ★

PR:広告コーナー

人気の記事

慶次トーク

情報収集の新着記事