俺の慶次【パチンコ花の慶次ファンサイト

当サイトはメーカー・ホールとは一切関係のない、パチンコ花の慶次ファン有志サイトです。必勝法とかないけど、温かく見守ってください。




1/270.8と1/145.3、どっちを早く引けますか???



導入以来ホールの主力として使われている真・花の慶次2
タイトルの二つの確率、何の数字かご存知ですか?

ピンと来た方は相当打ち込んでいるのではないでしょうか。そうです、ニューギンから2017年にデビューした真・花の慶次2です。初当たり確率は1/319.7のミドルタイプの台ですが、この台の楽しさは初当たりの70%で突入する転落抽選タイプの確変右打ち、真・RUSHにあります。

確変中の大当たり確率は1/145.3で、転落確率は1/270.8です。転落抽選に当選してしまう前に1/145.3を引くだけの簡単なシステムで、右打ち中の当たりはALL16ラウンドという大量出玉が期待できる確変になります。どうでしょう?
「何とかなる」感じがしてきませんか?昨今の規制により、高継続率機種が少なくなっている今、60%程度の振り分けで苦しむ確変ループタイプよりも何とかなりそうですね。

そんな風に心躍らせてさあ当てるぞと台に向き合い、何とか予算内で当たったぞ、よしラッシュに入ったぞ、いよいよ確率との真剣勝負!と手を洗ってタバコを一服して打ち始めたラッシュが300ゲームほどハマってしまっていても大丈夫です、当たりを引けなくても転落を引かなければ何の問題もありません。

実は、この機種のポイントは、右打ち中の当たりがALL16ラウンドだとかド迫力の役モノでもありません。いつも確率分母以上ハマってしまう私のような引き弱だったら…

1/270.8を引かなければ無限に続くRUSH

これが、一番のオススメポイントですね。

夢のような台かもしれません…

良かったらポチっと投票お願いします♪



パチンコ・パチスロランキング


PR : amazonの花慶グッズへ★

PR:広告コーナー

人気の記事

慶次トーク

情報収集の新着記事